編集部からのお知らせ
新著記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
米ZDNet編集長Larryの獨り言

新たな働き方実現へ、ホームオフィスのテクノロジーも進化が必要に--デルCTOに聞く

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2020-05-28 06:30

 ニューノーマルな世界では、リモートワークが増えるとともに、ホームオフィスにイノベーションの波が押し寄せ、エッジコンピューティングが主流となり、自動化の気運と、沒入的なエクスペリエンス、ロボティクスへの要求がさらに高まっていく。

 これらはDell Technologiesの最高技術責任者(CTO)John Roese氏とのインタビューで出てきたポイントのいくつかだ。このインタビューは、新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)のまん延によってもたらされた壯大な在宅勤務の実験でこれまでに得られた教訓と、次の段階としてどこに向かうのかについてのものとなっている。

 以下はそのなかから重要なポイントをまとめたものであり、動畫ではそれ以外の話題にも觸れている。

 文化と自宅の環境が重要となる。驚くほどの話ではないが、Dellは自社の10萬人を超える従業員を在宅勤務に切り換える上で、さほど苦労することはなかった。なにしろ同社は「Wyse」シンクライアントや、ノートPC、仮想デスクトッププラットフォームを販売しているのだ。Roese氏は次のように述べた。

 全員の勤務形態を移行する際には、思ってもみなかったことが明らかになってくる。われわれは、従業員が在宅勤務に踏み切るだろうという點を明確に理解していた。このため、適切な設備と適切なVPNアクセス、適切なネットワーク帯域幅、仮想デスクトップインフラ(VDI)といったありとあらゆるものを用意した。しかしわれわれは、従業員の自宅の環境が適切でないかもしれないと考えるようになった。また、われわれがZoom疲れと呼ぶ、従業員の疲弊が引き起こされる狀況や、ニューノーマルでの他のシナリオといった意味合いでの正しい文化を想定できていなかったかもしれない。

 現実の作業空間と仮想の作業空間が交わる場所での進化が必要となる。同氏は次のように述べた。

 一部の作業場所が仮想空間で、殘りの作業場所が現実空間になるという考え方では、2つの作業空間が交錯するという特に重要な點がある。お互いの空間を混じり合わせる場所が必要となるわけだ。われわれのクライアント事業でもそのことを経験した。われわれは材料工學の専門家とともに、機械工學のエンジニアも抱えている。つまり、研究所內で物理デバイスに関する作業をしなければならない技術者がおり、彼らは自宅だけでは作業できない。われわれはこの問題を解決するために、研究所內を消毒し、作業空間の使用スケジュールを決めるプログラムを用意した。しかし、これを突き詰めていくと、ロボティクスによって自動化を推し進めることで、人間はどこか他の場所から機械的な作業を実施できるようになる、あるいはよりありそうなのは、おそらく1人の人間が研究所で作業し、殘りの人々は優れた可視性、すなわちより優れた沒入テクノロジーによってそのエクスペリエンスを自らも手にできるようになるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ?コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用狀況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得?利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]
成年片黄网站色大全免费